秋はさつまいもを主食にしてみよう

秋はさつまいもを主食にしてみよう

秋の代表的な食べ物であるさつまいもは主食に置き換えることができます。普段はパンやごはんを主食にして生活しているという人は秋はさつまいもを主食にして生活してみるといいかもしれません。さつまいもを主食に変えるメリットは豊富なビタミンが含まれていること、脂質と炭水化物が補給できエネルギーとして使いやすいこと、甘いものを控えている人でもダイエットとして食べやすいことがあります。さつまいもには多くの栄養が含まれていて、特に美容に必要となるビタミンA、B、C、E、ミネラル、食物繊維などが豊富です。ビタミンやミネラルは意識していないと不足してしまうこともありますがさつまいもを主食にすることで必要な栄養を確保することができます。調理も簡単でレンジで温めるだけで食べることができる手軽さが魅力になります。ごはんを炊くのが面倒という人、朝のように時間のないときにすぐに食べることができる食べ物を探している人におすすめです。時間をかけて温めるとほくほく感が出てさらにおいしくできるため、時間のある人はこだわってみるといいでしょう。ただ気を付けないといけないポイントもあります。さつまいもは中くらいのサイズでも1本250キロカロリー程度あります。ごはんを茶碗1杯で150キロカロリーのため食べ過ぎてしまうとすぐに太ってしまいます。タンパク質が不足してしまうため、タンパク質を他の食材で補えるようにもしておきましょう。ダイエットや美容のために置き換えても食べ過ぎてしまうと太ってしまいますのでそこは注意してください。肌に負担のかかる夏を過ぎると比較的過ごしやすい日が続く秋になります。秋はその穏やかな気候から様々なことに取り組むことができる季節ですが、美容にとってもいい季節となります。夏に受けた紫外線や高温多湿による影響は夏を過ぎたあtでも肌に影響を与えます。肌は傷ついた状態を回復させるために約1か月程度の期間が必要になります。夏に受けた肌のダメージは秋になっても完全には回復していないということです。だからこそ肌のためにできることを行うことが大切です。肌の回復を助けてあげる一番の方法としてはできる限り肌への負担を軽くした生活を送ってあげることです。夏は紫外線対策として日焼け止めを毎日使うというのが一般的ですが、日焼け止めも毎日塗っていると肌を痛めてしまいます。強い紫外線に対して効果の高い日焼け止めほど肌への負担は大きくなります。そのため日焼け止めを使うときには負担の軽いものを使うようにする、もしくはできるだけ使わないようにするということが大事です。夏は化粧崩れしやすいことから崩れにくいものを使うことが多くなりますが、これも肌への負担を大きくします。秋になって気候が穏やかになってくると汗によるメイク崩れも起きにくくなります。ウォータープルーフのような落ちにくい化粧ばかり使わずに肌に負担の少ないメイクを心がけていくといいでしょう。生活スタイルを季節の変化に合わせて変えてみるだけでも夏のダメージはすぐにでも回復してくれるはずです。中目黒の美容院