美容院で失敗しないために

美容院で失敗しないために

髪の毛って一度切ってしまうと元に戻すためには時間がかかります。エクステなどを使って髪型を変えるなんて方法はありますが、使わない人にとっては美容院での頼み方が重要になってきます。ヘアスタイルで失敗したくないといった人は美容院での頼み方を考えてみましょう。自分にとってどんなイメージのスタイルにしてほしいかを伝えることは一見すると効果的な頼み方に思えます。でも自分のイメージと美容師のイメージには違いがあるため仕上がった結果に満足できないといったこともよくあります。頼むときにはこうなりたくないイメージも伝えておくと美容師もカットしやすくなります。理想的な髪型にセットしてもらうときに色々と要望を伝えることはわがままのようで気が引ける人もいるかもしれませんが、これはカウンセリングとして重要になります。色々な要望を聞いているうちに美容師の中でもイメージが固まっていき、セットしやすくなります。遠慮せずに自分のなりたい髪型ややめてほしい髪型を伝えていくようにしてください。具体的な髪型が決まっていなくても、過去の失敗にあわせて髪型を伝えておくとそれだけでもカットしやすくなります。自分の経験も合わせて美容院でカットしてもらうときにはなりたくないイメージを伝えるようにしてください。いったんカットしてしまうと失敗してもその場で修正することはできません。カットしてもらう前にあらかじめ伝えておきたいことを伝えておくようにするといいですよ。美容師の仕事はヘアスタイルを整えることです。美容院を利用する方としてはただ単純に髪の毛を切ってもらうだけと勘違いしてしまいがちですが、美容師は総合的なファッションとして髪の毛をカットしています。その人の雰囲気に合ったカットを常に行っているわけです。美容師のイメージと自分のイメージが違ってしまい相性が悪いなんてこともありますが、美容院に行った時のファッションによってもイメージとは違ったヘアスタイルに仕上がってしまうことがあります。普段以上に派手な格好をして美容院に行ってしまうと、普段は着ないような派手なスタイルに合わせてヘアスタイルをセットされてしまう可能性もあります。そんなヘアスタイルに普段の地味なファッションを合わせるなんて難しいですよね。そのため美容院を利用するときには変におしゃれを意識するのではなく普段着ていく服装を意識していくことが大事です。次の日は自分の人生にとって大事な日といった場合は、その大事な日に合わせた格好で美容院に行くとしっかりとしたヘアスタイルにセットしてもらえるということでもあります。ただ単純に髪型を変えたいから美容院に行くといった場合と、しっかりとセットしてもらいたいから美容院に行く場合では着ていく服装も変えたほうがイメージに合ったものになります。普段着で行くべきか、しっかりとおしゃれしていくべきかは目的に合わせて決めるようにすることが美容院での失敗を減らす方法なのです。富里 美容院