美容師はなぜアレンジを加えるのか

美容師はなぜアレンジを加えるのか

画像を見せたにもかかわらず、仕上りが少し違う感じがする、という時には美容師が良かれと思ってアレンジを加えたり少し画像とは違ったスタイルにした、という事が考えられます。なぜそのような事を美容師はするのか、というと、その方がお客さんに似合うから、と判断したからだと思われます。いくらなんでもわざとお客さんの注文通りにしない美容師と言うのはいないでしょう。ですがお客さんにとっては画像を何度も見て目に焼き付けている訳ですから自分の仕上がりも頭の中で想像がついています。作ってもらった仕上がりが自分のイメージ通りではない場合には、やはり残念に思ったり、美容師の腕を疑ってしまうかもしれません。ですからここで大切になるのは、なぜ美容師がそのようなスタイルにしたか、という事を理解する事だと思うんですね。もちろんそのためにはまずは美容師の方がアレンジを加える事、変更した方が良いと思う事をきちんとカウンセリングでお客さんに伝えておかなくてはいけませんね。特に画像を見せるお客さんと言うのは完成した時の自分の顔がしっかりとイメージできている人が多いのもです。どんな風になるのかな?と漠然と楽しみにしているお客さんとは違うんですね。その分そうはならなかった時には例えそれがプロのセンスとしては正解であっても、お客さんは残念に思うものでしょう。画像を提示してヘアスタイルを作ってもらおうとする場合に、まずはその画像は自分が選ぶ画像としてふさわしいのか?という事を意識しておいた方が良いと思われます。それはそのモデルさんはとても美人だけれども、自分はそんな感じではない、という意味ではなく、「そのモデルの頭の形や目鼻立ちは自分と似ているか」と言う事だと思います。そっくりだ、とまではいかなくても、少なくとも自分とかけ離れた頭の形や顔立ちの人のヘアスタイルを選ぶと、いざ自分がそのヘアスタイルになった時には印象が全く違っていたりするものです。例えば面長の人には面長の人にしか似合わないヘアスタイルも有ります。その面長の人の画像を見て「素敵だな」と思ったからと言って、そのヘアスタイルを自分に当てはめてみた時にそれが似合うかどうかは全く別問題で、例えば丸顔の人ならそのヘアスタイルは全く違うイメージになって似合わない事も大いに考えられます。ですから画像を選ぶ時には出来るだけ、自分の頭の形や顔立ちに似ている人のスタイルの中から選ぶ方が良いと思うんですね。そうする事でその画像と仕上がった自分の印象がまったくかけ離れたイメージになることを避ける事が出来ると思うんですね。最近は多くのヘアスタイル画像が出回っていますから選びやすくなっていると思います。蒲田の美容院