美容室優位のスタンス

美容室優位のスタンス

美容室と言う所は、かつてはどちらかというと美容室が優位に営業をしていて、お客さんの方が下手に出ていたような気がしますが、美容室の件数が増加するとともに、美容室の方が下手に出てお客さんを獲得する為ならどんな低姿勢でもする、という感じになってきているのが現実でしょう。そんな中で遅刻やドタキャン、すっぽかしなどがまかり通るような状況になって来たことは悲しい事です。ですがこの事は美容室の考え方一つによって状況を変える事が出来るに違いありません。もちろん例えどんなに迷惑なお客さんであっても来店してくれる限りは大切なお客さんで締め出すような事はしない、という考え方もありますし、その考え方が悪い訳ではありません。それでうまく経営できるならばそれでも良いと思います。ですが実際にそのような非常識なお客さんを受け入れる、という事は常識的な既存のお客さんに迷惑や我慢を強いる事になるケースが多々あります。どんなお客さんでも受け入れるがあまり、常連さんが居心地の悪い思いをするのはとても残念ですよね。これまで懇意にしてくれたお客さんがそういうことが原因で離れてしまう危険性があることも考えなくてはならないでしょう。時には美容室の方が優位にものを言い、常識的なお客さんや古くからの常連さんが居心地良く過ごせる美容室があっても良いと思いますね。実際にドタキャンや酷い遅刻を繰り返すお客さんにとって、美容室側はどんな対策をしているのでしょうか。中にはどんなお客さんであっても大切にする、というスタンスの下、泣き寝入りをする形になっている美容室も有るかもしれません。逆に最初からそんなお客さんはお断り、と遅刻やキャンセルに対してルールを明言している美容室も有ります。ですが多くの美容室の場合、そういうお客さんに対しては、スタッフ内で暗黙のルールを敷いているようでうす。たとえばレセプトを置いて、お客様各人の予約状況や遅刻、キャンセルの回数の管理をして、あまりにもひどいお客さんに関しては、やんわりと予約が取れないような状況を作り出す、という事もあるようです。何度も予約が取れないような状況が続けば他の美容室へ移ってくれるかもしれませんからね。それでは基本的な解決にはならないかもしれませんが、その美容室の損益は免れる事が出来るかもしれません。美容室によってはキャンセル料を作っている所もあると言われていますが、まだまだそこまで厳しくしている美容室は少ないようです。ですが美容室側がそんな迷惑なお客さんに対して、裏では何かしらの策を講じている事は間違いないでしょう。遅刻やキャンセルだけではなく理屈の通らないクレームなどに関しても同様にブラックリストの様なものを作っている所もあるようです。栄 美容院