ダイエットが成功しなくなってきたら

ダイエットが成功しなくなってきたら

年齢を重ねた女性は男性以上にダイエットしにくい体になっていきます。これは基礎代謝が低下しやすいことが影響していて、基礎代謝の低下した体ではどんなに運動をしても食事制限をしてもダイエットは思うように進みません。アラフォー世代に突入した人は特に基礎代謝というものに注目してダイエットを行ってみるようにしましょう。基礎代謝とは人間が生きていくうえで必要となる最低限のエネルギーです。内臓や筋肉を動かすためにはエネルギーが必要で、もしもエネルギーがなければ内臓も筋肉も活動を停止してしまい生きていくことはできなくなります。そうならないようにするために基礎代謝が必要になります。基礎代謝は最低限必要なエネルギーとはいえ個人差があります。普段から体を動かしている人は基礎代謝が高く、動かしていない人は基礎代謝が低くなります。これは筋肉の量に影響されていて、筋肉の量が多いほど基礎代謝が高くなるのです。アラフォーを迎えてダイエットがムウかしくなってきたときに筋肉の量を減らさないようにすると若いときと同じようにダイエットを行うことができるようになります。もしも若いときから運動をしてこなかったという人は今からでも筋肉をつけるようにしてみるといいでしょう。腹筋、背筋といった大きな筋肉はそれだけ基礎代謝を高めてくれる筋肉になりますので、基礎的な筋力トレーニングでも十分に効果を上げることができます。有酸素運動などでダイエットを始める前に筋力トレーニングを行ってみると痩せやすくなりますよ。健康的で美容にいいお風呂の入り方は半身浴といわれています。半身浴は心臓に負担をかけないためにお湯を心臓よりも低い位置までためて入る方法です。少ない人は腰のあたりまでお湯を入れて半身浴をするという人もいるかもしれません。なんとなく体が冷えてしまいそうなイメージですが、どうして半身浴は健康や美容にいい入り方なのでしょうか。体温を保つのは血液の役割です。体全体をめぐっている血液が体の内部から温めていき体温を常に一定に保とうとしてくれます。お風呂に入ると体が温まるのは温かいお湯に触れているからと思う人もいるかもしれませんが、体の外から温めても内部を温めることは難しいのです。血液は最短で20秒、長くても1分で体全体をめぐるといわれているためお湯で温められた血液が5分も循環していると体の内部は温まり汗をかく位温かくなるのです。体には表面近くを通る血管もあり、その部分はお風呂のお湯で温められやすくなります。だから半身浴だけでも十分に体は温まります。体の内部が温まると内蔵の動きが活発となり代謝もよくなります。脂肪も燃焼しやすくなりダイエットにも効果が期待できるということになります。半身浴をしていて体が寒くなってきたというときには温かいタオルを肩にかけてあげると冷えにくくなります。お風呂のお湯は手入れてみて熱いと感じる程度のお湯にするといいでしょう。半身浴がなぜ美容や健康にいいのかを理解してぜひ実践してみてください。与野本町 美容院