画像を見せれば思い通りになるのか

画像を見せれば思い通りになるのか

美容室でのオーダーで、困った時には画像や写真を見せるのが良い、と言われていますが、ではそういうものを見せれば必ず思った通りのヘアスタイルになれるものなのでしょうか?実際には例え画像を見せても満足できなかった、という人も多くいる様です。ここで過信してはいけないのは、画像を見せたから安心、というわけではないんですね。それならカウンセリングの時間なんて要らない、という事になりますね。なぜ画像を見せたのに満足できなかったのか、という事の理由には色々あると思いますが、大きく分けると、「美容師が本当にその通りに作らなかった」と言う美容師側の責任、そして「画像を見せて美容師がその通りに作ったけれども、結果的にそのスタイルがお客さんに似合っていなかったので満足してもらえなかった」と言うケースだと思うんですね。その中でも美容師がその通りに作らなかった理由は、「美容師がそのヘアスタイルを作る技量が無かった」と言うケースと「美容師が良かれと思ってアレンジを加えた」と言うケースがあると思います。前者の技量が無かった、というのは論外だと思いますが、美容師が良かれと思ってアレンジを加えるには美容師なりの理由があってのことだと思われます。美容師は技術は勿論ですが似合うスタイルを作るセンスにおいてもプロである、と言えますからね。自分が行く美容室が一店舗に定まっていない人の多くは「美容師が自分がオーダーした通りに作ってくれない」と言う事が理由で、様々な美容室を転々としているけーすが多いようです。ですが一方で長く一つの美容室に通い続けていわゆる常連さんとして大切にされいてる人もいます。そういう人がいるのですから、決して世の中の美容師がみな上手くお客さんの要望を聞き入れていない、というわけではなさそうです。考えかたを変えてみると美容師が上手く作ってくれないのではなくて、オーダーそのものが上手く伝わっていない、という可能性も大きく、むしろその方が多いと言っても良いかもしれません。ですがそれはそのお客さんが伝えるのが下手、というわけではなく、それほど自分が思い描いているヘアスタイルのイメージを言葉で伝えるのは難しい、という事ではないでしょうか。ですから以前からよく言われているのはとにかく写真や画像を見せて、こんなスタイルにして、というのが一番良い、と言われています。美容師の方でもその方が助かる、という声も有ります。以前はヘアカタログと言えば有名な芸能人などのモデルが多く、それを見せて注文するのはおこがましい、とか、バカにされるんじゃないか、といった事も有りましたが最近は一般の人がモデルになっているケースも多く、提示しやすくなった気がしますね。溝の口 美容院