ほうれん草の持つ美容効果

ほうれん草の持つ美容効果

スーパーに行けば季節を問わず見かけるほうれん草ですが、美容に効果の高い成分を多く含んでいるためきれいになりたいという人におすすめの野菜です。旬は寒さの増してくる11月から2月にかけてで、そのころが一番栄養も豊富になります。ほうれん草に含まれている美容にいい主な成分としてはビタミンC、βカロテン、鉄分、葉酸などです。ビタミンCは美白効果や抗酸化作用があることで有名です。しかし熱に弱く水溶性のため調理しているうちに失われて行ってしまいます。生で食べることはできますが、ほうれん草に含まれているシュウ酸がアクとなって非常に食べにくい状態になります。シュウ酸はゆでることでなくなるためゆでる時間を短くして調理するようにすると失われる栄養を抑えて食べることができます。βカロテンは抗酸化作用の他に体の中でビタミンAに変化するという特徴があります。ビタミンAは粘膜の生成などに必要な栄養で免疫力を高める効果もあります。ニキビで悩んでいる人には特におすすめです。鉄分や葉酸は貧血予防の効果があります。普段から貧血気味な人はもちろん妊婦にとって重要な栄養素となるためしっかりと摂取していくといいでしょう。また捨ててしまいがちな根本の赤い部分には便秘解消効果のあるマグネシウムが多く含まれています。マグネシウムは普段の生活ではなかなか摂取しにくいミネラルのため捨ててしまわずに食べるようにしてみるとほうれん草の美容効果もさらに高まりますよ。体がむくみやすい人は体に余分な水分がたまっていることが原因です。人間の体は本来この余分な水分を体の外に排出する働きがあり、簡単にはむくまないようになっています。しかし疲労やストレスなどで体には余分な水分がたまりやすくなっていき、時間が経つと細胞にたまっていくようになります。その結果体のあちこちが太って見えてしまうむくみにつながっていくのです。むくみはお風呂に入ったり寝たりすることで簡単に解決できるように思えますが、むくんだ状態をそのままにしておくと慢性的なむくみとなり太っているように見えてしまいます。太ももが痩せないといった悩みの多くはむくみを解消できないことが原因となるため、むくみを改善するだけでも太ももはダイエットできるようになります。体の中の余分な水分を体の外に出すためには利尿効果のあるウーロン茶がおすすめになります。カフェインが多く含まれていて、腎臓での水分処理がスムーズにいくようになります。体の中の老廃物も同時に流れていくため肌の調子もよくなって疲れをとれるようになります。カフェインには高いデトックス効果があるため美容には効果的な成分になりますが、利尿作用は体の水分を必要以上に外に出してしまう可能性もあります。そのため汗をよくかく夏場になると脱水症状を引き起こしてしまう可能性もあります。汗をかいたときの水分補給方法としては向いていませんので、夏場には飲みすぎないように注意してみてください。上福岡の床屋