一からやり直す事のハードル

一からやり直す事のハードル

美容師を続けていくうえで、この美容室でずっと働くのは賢明ではない、と感じてお店を変わることを決断するケースもあるでしょう。ですがそれが仇となるケースも少なくないと言われています。特にまだアシスタントという立場の場合、たとえ辞めて別の美容室へ入店できたとしても、それはこれまでやった事をすべて捨てる覚悟がなくてはいけません。なぜなら美容室によってアシスタントの業務内容や指導方法も違っています。別の美容室でいくら学んだ実績があったとしても、それが新しい美容室のやり方と違っていればまたリセットしたところから指導されることになるからです。シャンプーの手順なども美容室によって違うものです。自分が良かれと思って前の美容室でのやり方をしていると、それは違う、と叱られてしまう事もあるようです。つまり辞めて別の美容室で一から出直し、という事は、これまで積み重ねてきたのもを一度捨ててしまう覚悟が無ければいけない、という事なんですね。ですから良く言われるのは、どうせお店を変わるのであれば、スタイリストになってからの方が良い、という事です。スタイリストとはお客さんの髪を切ることを許されるだけの技術を身に付けている、という事になるので、別の美容室に行ってもスタイリストとして認められるケースが多いようですからね。美容師という仕事をしていると、時には今の現状に不満を持つ美容師も出てくる様です。美容師は技術職でもありますから、雇われている身では自分の思っている様なお客さんへの接し方やヘアスタイルの作り方、お店全体の雰囲気など、自分が本当に目指しているものとは違っている、と感じるケースもよくあるでしょう。オーナーとの教理が近い時には特に、全てにおいてオーナーの意向に従わなくてはいけない、という事も多々あるでしょう。かつて同じ学校で学んだ同士や、勉強会などで会う別の美容室のスタッフなどと話をする機会があれば、中には独立を狙っている美容師の存在にも気づくことが出てくると思われます。時には「一緒にやらないか」と誘ってくる美容師仲間もいるのではないでしょうか。自分のお店を持つことができたり、同じ感性をもつ美容師とお店を持つことは、とても理想的な事でもありますし、憧れのシチュエーションでもあるでしょう。そういう誘いを受けた時にどうするか、という事は美容師にとってもとても重大な決定を行うことになるでしょう。確かに誘いに乗ればこれから自分の思う通りの事が出来るかもしれませんが、それはけっしてこれまでの安定している状況とは違ってきます。ですが独立を目指す仲間の姿はおそらくとてもまぶしく映ることでしょうし、現状に甘えている自分が情けなくなったりもするかもしれません。美容院 小岩 就職 求人