雇用と個人事業主のメリット・デメリット

雇用と個人事業主のメリット・デメリット

美容師が雇用される場合と、個人事業主となる場合とではそれぞれにメリット、デメリットがあります。どう違うかと言えば、お店の指示に従って働くか、自分で決めてすべてを決めて働くか、という違いですね。一見そういわれると自分で決めて働く方が自由でいいじゃないか、と思いますよね。雇用される場合は、働く時間も給料も、すべてお店の言われるがまま、という事になります。ですが従えば安定した給料は毎月支払われますし、美容師としての仕事以外の事はお店に任せる事ができます。これに対して個人事業主となると、働く時間も報酬も自分で設定する事はできますが、給料ではないので収入が安定しません。事務的な事や収入の管理、業者とのやり取りなどもすべて自分がやらなくてはいけません。社会保障もありません。ただ自由に働ける、というメリットはやはり魅力的な様です。雇用ではどんなに自分がお店に貢献していると思っても、お店が決めた給料しか支払われませんが、個人事業主となれば出来高制と言えますから、頑張れば頑張った分直接自分の収入となります。そういった点では働き甲斐がありますが、上手くいかなければ何の保障もなく経済的に苦しくなると言う危険性もあります。自分が個人事業主ととしてやっていけるのか、という見極めが必要でしょう。私達は美容室へ行けば美容師さんに髪を切ってもらうわけですが、どの美容師さんもその美容室に雇われている、と勝手に思っていますよね。ですが美容師の働き方、というのはただやとわれて働く、という方法だけではないようです。最近の美容室の働き方としては、まずは美容室の種類によりますね。同じ雇われるにしても、たとえば1000円カットの様な激安美容室と、一般的な美容室、いわゆるブランドサロンのようなところでは、美容師に求められることが違ってきます。また雇用されるのではなくて個人事業主とし働く方法も有ります。業務委託とか派遣といった働き方です。大きく分ければ雇われるのか、そうではないのか、という違いになりますが、その違いはお客さんにとっては目に見えるものではないですね。ですが働いている美容師にとってはその違いは大きいとされています。雇われない働き方は「個人事業主」という事になり、髪を切る以外の事も、例えば確定申告なども自分で行わなければならない、という働き方になります。住宅で言うならば管理は全て管理者にお願いできるマンションの様なものか、持ち家の一軒家か、といった感じでしょうか。メリットやデメリットがそれぞれありますから、ある程度技術が身についてお客さんがついた美容師は、自分の働き方を考える時期があるようですね。青山にある美容院