セルフカラーとリタッチを使い分ける

セルフカラーとリタッチを使い分ける

髪を染めるのはお金がかかるからセルフカラーにしたいのだけど、今通っている美容室と縁を切りたいと思っている訳ではなく、むしろカットはその美容室でお願いしたいと思っている、という人の多いと思うのです。ですから美容室側もそういう人に寄り添う姿勢と言うのは必要ではないか、と思います。たとえばですがカラーリングはセルフカラーでやるとします。ですがカラーリングと言うのは髪の毛が伸びてくればまた生えてきた部分を染め直さなくてはいけない時期が来ます。そうなってきた時にまたセルフカラーをするのか、となると、それはかなりダメージが気になりますよね。ですからセルフカラーをした後には定期的に美容室でリタッチをする、というのも良いと思うんですね。その場合には美容室にきちんと美容室でカラーリングをしない理由を伝えておいて、そのうえでリタッチやトリートメントはこちらの美容室でお願いしたい、という意思を示しておけばよいのではないか、と思います。お客さんは基本的にはその美容室へ通いたい、と思っているのです。ですがメニューによってはそうはできない事情が出てくるのは仕方のない事ではないでしょうか。カラーリングをセルフカラーにしたからといってお客さんを全否定する、という美容室では残念ですよね。カラーリングに関して言えばお金も時間もかかるので、経済的な理由から美容室で染める事が難しい人がいるのも確かです。ホームカラーががこれだけ販売されているのですから、もはや美容室側としてもお客さんにセルフカラーをしないで、と言えなくなっていると言っても良いかもしれません。お客さんの方も美容室で染める方が髪の毛の為に良い事は承知しているはずなんですよね。ですがどうしても時間やお金の都合と言う事も人にはあるものです。もしも美容室側がセルフカラーに対してかなり否定的な態度をとっていると、お客さんからの反感を買う可能性もあります。美容室によってはもはやお客さんがセルフカラーをする事に対しては何も言わないで、逆にダメージケアのフォローをしたり、事前にセルフカラーをする時のコツやお勧めの薬剤などを指南してくれるような美容室の方がお客さんから好まれるという傾向もあるようです。そうやったお客さんも美容室もセルフカラーと言うものと上手く付き合っていかなくてはいけない時代である、と言えるのではないでしょうか。セルフカラーの後には念入りなトリートメントの継続が髪の毛のためには必要になってきます。そういった事に対するケアを本当はお客さんも美容室に求めているかもしれません。「セルフカラー後に美容室へいったら怒られそう」というお客さんの気持ちを和らげて欲しいものです。美容院 パート 求人 業務委託 町田