信頼してもらえる美容師に

信頼してもらえる美容師に

美容師にとってはお客さん主導でヘアスタイルを決めるか、ある程度は美容師の方に任せてもらえるか、という所はとても難しいところでしょう。自分で細かいところまで決めて来るお客さんもいれば、まるで美容師に丸投げ、とも思えるようなお客さんもいます。ですが丸投げしてしまうお客さんと言うのは多くはその仕上がりには文句を言わない人だと思われます。それは美容師のセンスを信頼しているから、という事にもなるのではないでしょうか。もしも細かいところまで指定してくるお客さんがもっと美容師の提案力を信用していたら、そこは美容師に任せてみようか、と思う部分も少しはもっていると思うんですね。ですがお客さんと美容師と言うのはある程度駆け引きの様なものも有って、特に初回来店の場合には、お客さんはその美容師がきちんとオーダー通りにしてくれる美容師なのかどうか、を見極めたい、と思っているケースもあるかもしれません。お客さんの方も初めての美容師と言うのは全面的に信用していない事もあるかもしれませんし、そう思うのも無理のない事です。どうやって信頼関係を築くか、というのは双方の向き合い方にかかっていますよね。お客さんのオーダーに対して少しアレンジを提案したりする場合には、確実にその方がお客さんを満足させることができなくてはいけないでしょう。美容師にとって実質的に困るのは「似合わない」と解っているオーダーを受けてしまって、実際に仕上がった時にお客さんから「似合わないじゃないか」というクレームが起こってしまう事でしょう。その時にポイントとなるのは美容師がお客さんに「似合わないかもしれない」と言う事を伝えたかどうか、という事になるかもしれませんね。お客さんの言い分としたら「似合わない」と思っていたのであればそう言ってくれればよかったじゃないか、という事になるかもしれません。美容師はそのセンスを持ちあわせている存在なのだから、それもお客さんには説明する責任があったのではないか、という事でしょう。それはもっともな言い分です。ですが肝心なのはそういうニュアンスで提案したにもかかわらず、お客さんの方が全く聞き入れなかった場合でしょう。美容師側から言えば「だから言ったじゃないか」と言う事になります。そういう事態を防ぐためにおそらく美容師も美容室も一生懸命になっている事と思います。お客さんにはっきりと「似合わない」と言う事はその時点でお客さんを怒らせてしまう可能性もある訳ですからとても難しい対応となります。お客さんがオーダーしたことを否定するのではなく、別の提案をやんわりとしてみる、というのが良いのかもしれません。二子玉川 美容院